東京散歩地図・簡単謎解き名所巡り

東京ウォーキング地図 NAZOARUKI

謎解き地図ロゴ大多摩ウォーキングトレイル Kコース 小作~福生

   (2021年12月27日UP)

大多摩ウォーキングトレイル Kコース 小作~福生 東京都羽村市、福生市
ー昭和の先人達が作った、35年前の大多摩ウォーキングコースー

大多摩ウォーキングトレイル Kコース 小作~福生
写真:約35年前に設置され、今も現存する「大多摩ウォーキングトレイルKコース」の標識看板

・スタート最寄駅:JR青梅線 小作駅
・ゴール最寄駅:JR青梅線 福生駅
・歩行距離:約7.0km
・みどころ:『江戸、四谷大木戸まで十里三十町。玉川兄弟の指揮の元に造られた玉川上水の起点となる羽村町。この上水を初めとして歴史的な遺産が残る神社仏閣や、世界最長編の未完の大作「大菩薩峠」の著者、中里介山が生まれ育ったゆかりの地など、羽村の見どころを訪ね歩くトレイルです。』
※このコースは、ウォーキングのみです。謎はありません。
・料金:無料
・クリアーした人数: 2人
・口コミ:みずねこさん『35年前の標識をたどるというのが面白そうで初めて参加しました。ほぼ平坦な道で、ポイントもわかりやすかったですが、ところどころコースアウトしてしまいました。羽村から先を土手沿いに歩いてしまったので、新堀橋を過ぎてしまい、先の加美上水橋で渡りました。 桜の咲く頃に歩くとまた違った景色で楽しそうなコースです。その際には、古民家カフェに変わっていた水車小屋に立ち寄ってみようと思います。 2022/01/05 14:45』
 はんたーさん『35年以上前に作られた手書きマップでしたが、道はちゃんと全部あり、最後の「三階建ての土蔵」と「かやぶき屋根」は、マンションになってましたが、普通に問題なく歩けて楽しめました。 2021/12/27 21:28』

大多摩ウォーキングトレイル Kコース 小作~福生

このコースにトライする

※2021年12月27日現在、35年前に設置された当時の標識は、3箇所だけ残っています。